コメントにちゃんと返信が来るなんて誰が決めた!?


by simamikan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

09/10/18 Gvメモ

今週は黒麺は通常営業でした
出前はお猿に収容して、同盟構成は お猿-王SA-SPK でした
主力はお猿と王SA詰めで、SPKが守護とかを担当

しかしお猿がマスター以外ほぼ欠席するなど
数的には決して多くないと想定されていました
りのせぴ相手に数で圧倒できないことがわかっている以上
いろいろと工夫をする必要がありました

同盟のほうはりのせぴの攻めを見習ったのか
ADSと献身を多めにしてごり押し攻め体勢をとるとの事で
SAも献身とADS・王を出せるだけ出す感じの構成になりました

で私はというと、個人的に別口の対策をしようとノビと教授をギルドにいれて
ギルドから出し入れしながらギルド外でMbrを運用することで事前に許可を貰いました
今回はいつもSAの指揮をとってる人が3週ぶり?にGvにでるので
私は気楽に下っ端や雑用をやっていられるという、タイミングも良かったです・・・

【ニコニコ動画】【RO】09/10/018 GvG【Loki】 黒麺同盟 F1防衛戦 外MBr視点





でも実は今週のSAは、中の人が50に限りなく近い40台でした
さすがにこれだけいると枠が全然足りませんので
SPKなどに2PCを中心に収容してもらう形になるなかで
ノビと教授で2枠使わせてもらうことになってしまったのはちょっと心苦しかったですね
その分の仕事はきっちり出来たとは思いますが・・・

本当は攻め中もカットライン等でMBrを運用するつもりだったのですが
予想以上に攻め側の展開が速かったため
攻め中は普通にPTの指揮をとりつつ教授の仕事をする感じに
というわけで気になった点だけ


○F1守護1防衛と裏EMC

やっぱりマヤパをおいて張り付かせるしかないと思います
マヤパ持ちは死ねないし責任重大っていうやたら面倒なだけの仕事になります
今週は、SAにも当然城主なのでマヤパ係がいたのですが
ストレスがたまるううといわれました
あれを毎週持ってた苦労がわかっていただけて何よりです><

というのは冗談ですが・・・

しかしながら、今回のF1守護防衛の崖上EMCに関しては
既に崖下を黒麺側が制圧して、崖上に攻撃している状態だったので
あれは止めろというほうがちょっと厳しいんじゃないかなと思いました

F1守護の崖の攻め方に関しては、りのせぴ自身が崖下を前衛で制圧>ADS連打っていう
明確な前例を残してくれているのでアレが一番効率のいいやり方だと思いますし
黒麺もそれを見習ったからこそ、ごり押し構成にしたんだと思います

ちなみにSAもADSと王増やしての出撃でしたが
それでも経費はこれまでのF1負け戦2回の平均の半分くらいでしたっていう
やはり戦闘時間が長引くのはよくないですね


○第3バリケード攻め

あそこのクランクは非常に強いのですが
一度抜けてしまえば、左右から攻撃できてしまう欠陥構造
しかしながら、黒麺は左右からの攻撃が人数の割りに薄かったような
もっと積極的に左右からぼこすか魔法打ち込んでも良かったと思います

逆にりのせぴは、バリケ正面にLPをどでんと引いて待ち構えていたけれど
あの状況だと左右どちらかに寄せて布陣しといたほうがよかったんじゃないかなーとか
人数負けしてる状況での真ん中布陣は、ぼこすかうぉーずだった気がしました


○MNマスターはやすぎ!

リンクからMuのたんこ氏の10/4の動画を見てもらえればわかると思うのですが
MNマスターのEMCは本当にすごく早い
大体落城から30秒で3バリケ内に到達し、40秒にはEMCが終了してるといった感じ
今回も40秒程度でMNがバリケ右でEMCを通し、まだ出現していない3バリケ付近に押し寄せてきて
最初の2分程度はバリケを作りながらでEMCもできない中
SA単騎で必死の防衛線を張ることになり、正直かなり危なかったです


○セレに回させる

りのせぴ側は、セレにわらせて自分たちが早さをいかして取り返すといった感じで
3バリケが割れるとぷっか氏を半ばスルーする形での防衛に素早く切り替え
逆に黒麺側は何とかしてぷっか氏を排除しつつ
まだ残るエンペ周りのりのせぴ防衛に耐えて割らなければならないという
難しい状況を迫られることになりました
2回目の時はぷっか氏が途中で沈んだ事もあって何とか割ることに成功しましたが
商業値が下がることを恐れない回し戦術はかなり有効だったと思います


○MBr大魔法と3バリケ右の射線

今回は王・ADS・献身を増やしたことや欠席などもあって
WizはSA全体で5名と、いつもより少ない感じでしたが
岩盤SGが決まるとだいぶすっきりしていたので
MBrで魔法火力に関してはだいぶカバーできていたのではないかなと思います
やはりMBrは中の人がいてこそーというのが個人的な意見です
あとは、3バリケ右側の射線の通り方について
事前にギルドである程度の確認をしていたのも役に立ったかなと思います
あそこは立ち位置によって、射線の通る範囲が大きく異なるので
特に射線が大事なADSにとっては、立ち位置からの射線の把握は必須だと思います


○バリケ右をどう守るか

バリケ右には魔法が撃てないエリアがあり、EMCを通されてしまう事が数回ありました
バリケ左の空間を守りつつ、バリケ右にも旗でゾンビアタックし続けるという事で
同盟も含めて、前衛の戦力配分やマヤパの配置などで
まだまだ検討できる部分はあるのではないかなと思いました


○射線を切る

ダンサーの人はやはり障害物を使うのがうまいなーと思いましたが
双方の教授の多くが射線を切らずにど真ん中でLPを維持してADSで死んでいく姿が目立ちました
せっかく3バリケみたいな構造なら、ど真ん中でLPして広さを確保しながら死ぬよりも
壁に密着してでも射線を切って、LPを切らさないことのほうが大事だと思います
障害物の利用がより重要になるという点はPvとGvの違いかなーと個人的には思ってます







そんな感じで!
[PR]
by simamikan | 2009-10-20 23:53 | RO(Gvレポ等)